FAIRY TALE

ハンドルネームは八尾の猫です。耽美と翻訳ミステリが大好きです。旧ブログはhttp://d.hatena.ne.jp/hachibinoneko/、メールアドレスはaae22500@pop21.odn.ne.jpです。

偽りのレベッカ/アンナ・スヌクストラ

偽りのレベッカ (講談社文庫)

 

 いつも体調の悪い二月だが、ドット・ハチソン『蝶のいた庭』、そしてアンナ・スヌクストラ『偽りのレベッカ』、立て続けに傑作ミステリを読むことが出来て嬉しい。味わいはずいぶんと違う。

 去年読んだジェイン・ハーパー『渇きと偽り』も秀逸なオーストラリア産ミステリだったが、このアンナ・スヌクストラ『偽りのレベッカ』も優れたオーストラリア産のミステリである。それも、全身の産毛が逆立つような、某所で思わず「ぎゃああ」と叫びたくなるような、怖いサイコサスペンス。

 突如消えた十六歳の少女レベッカ。十一年後、万引きで捕まった家出娘のヒロインは自分のことをレベッカ当人だと言い張った。自分は誘拐され、記憶を失ったレベッカだと。事実は違っており、彼女はレベッカではなく、なぜ本物のレベッカが失踪したのか知らなかった。レベッカの家族、父母と双子の弟たちはレベッカを名乗る、レベッカに似た嘘つきヒロインを優しく受け入れた。まったく疑う様子はなく、本当に本物のレベッカなのかと問いただす様子もなく。

 この偽物女にとって都合にいい肉親の態度は、読む者に強烈な違和感を与える。強烈な違和感と、そして恐怖を。やがて偽物女のヒロインもレベッカ失踪の真実を知ることがなる。

  替え玉物・・・・・・という言葉を今でっちあげた・・・・・・にして、自分が偽物だと分かっている偽物の視点から描いた希有のサスペンス。

 とにかく怖い。そして面白い。傑作。

 

蝶のいた庭 (創元推理文庫)

渇きと偽り (ハヤカワ・ミステリ)

雪と毒杯/エリス・ピーターズ

雪と毒杯 (創元推理文庫)

 

 「修道士カドフェル」シリーズの作者による本格ミステリ修道士カドフェル」シリーズは物語としては面白いけれど、ミステリ部分が弱いのが不満だった。しかしノンシリーズであるこの作品は謎解きの醍醐味を読者に与えてくれる。

 オペラ界の伝説的な歌姫が死に、歌姫の関係者ばかりが乗ったチャーター機が山の中に不時着することになる。小さなホテルという宿に宿泊することができた。そこで亡き歌姫の遺書が公開され、限られた登場人物の中で殺人事件が発生する。
 一九六〇年に発表された作品だけ古風な印象はあるが、(繰り返すことになるが)謎解きが楽しめ、恋のさや当てが楽しめ、ユーモアが楽しめる。
 とても楽しむことが出来たミステリ小説の秀作だった。

創元推理倶楽部例会

雪と毒杯 (創元推理文庫)

 

 本日は名古屋創元推理倶楽部の例会です。幹事は私。課題本はエリス・ピーターズ『雪と毒杯』。先ほど読了したのですが、我ながら良いミステリを選びました(自画自賛)。

本日のお買い物

ミステリと言う勿れ(1) (フラワーコミックス)

 

田村由美『ミステリと言う勿れ』購入。舞台劇めいたミステリだと知り、咄嗟に買っていた。これは期待。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

篠原健太『彼方のアストラ』

彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

彼方のアストラ 2 (ジャンプコミックス)

 twitterで見かけたので、なんとなく手にとったSFミステリ漫画、篠原健太『彼方のアストラ』がとてもいい。最初はただの少年少女宇宙漂流記だと思っていたのだが、随所に伏線が仕込まれており、要所要所で人をはっとさせるものがある。そもそもなぜ彼らが宇宙を漂流をすることになったのか、そして仲間たちの中にいる「刺客」とは誰か、あらゆる伏線が回収されていく様子のはまさにお見事。

 これは傑作。

 

彼方のアストラ 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

彼方のアストラ 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

彼方のアストラ 5 (ジャンプコミックス)

本日の買い物

無能なナナ 3巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

 

 原作るーすぼーい、作画古屋庵無能なナナ 3巻』購入。相変わらず抜群に面白い。来月になったら、河本ほむら原作の『賭ケグルイ』の各新刊も購入する予定。

 

 

 

 

きみはぼくの母が好きになるだろう/ネイオミ・A・ヒンツェ

 

 奇妙な世界さん

kimyo.blog50.fc2.com

twitterで紹介をしていらしたゴシックサスペンス。ハヤカワ・ノヴェルズから1971年に出版された作品。青木久恵が翻訳しており、訳者あとがきによってアメリカにおけるゴシックロマンの人気に触れている。この分野の特徴は書き手も読み手も女性も大部分であること、そして男性が作者である場合も女性名義を使うこと(この作品の作者は女性)。なんだか現在のロマンス小説に近い感じを受ける。
 『きみはぼくの母が好きになるだろう』は、夫に先立たれた気弱な若妻フランシスカオハイオ州にある夫の実家である大邸宅を訪ね、妊娠中である彼女本人の体調と洪水という天災によって、屋敷に軟禁されることとなる物語である。
 タイトルの『きみはぼくの母が好きになるだろう』はフランシスカが生前の夫に言われた台詞なのだが、フランシスカには母が不気味な存在にしか見えず、母はフランシスカを好いているようには見えず、また問題のある夫の妹もいた。我が子のためにもフランシスカは生き延びようと奮闘する。古めかしいゴシックサスペンスの印象を受けるが、犯罪を構成する要素には現代的なものが仕込まれている。
 ロマンス要素もあり、フランシスカの成長物語でもある。なかなか楽しい一冊。